脱サラバックパッカーの体験型旅ログ

旅に出るために脱サラ!世界の様々な人間や文化に触れるため2014年5月からユーラシア大陸を周りました!


この記事が参考になりましたらシェアして頂けると大変励みになります。

Eye-Fi, SDカード, カメラ, , バックパッカー, 旅行, 写真, 一眼レフ, デジカメ, レビュー,
IMGP3378_R.jpg

実際に旅した経験を元にレビューを行っているので有用な情報になると思います。

Eye-Fi (通信機能つきSDカード)


旅で撮った写真は宝物です。
カメラやパソコンは盗まれてもまた買うことができますが、一度失った写真は二度と取り戻すことができません。
そのようなことがないように前もって準備をしておく必要があります。

撮った写真をSDカードに入れたままの状態になっていませんか。
その時にカメラを盗まれたらおしまいです。
しかしバックアップを取っていれば被害を最小限のカメラだけで済ますことができます。
ただ毎日写真をパソコンに移す作業は面倒ですよね。
そのような面倒を克服してくれるのがEye-Fiです。

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10


Eye-Fi Pro X2 16GB Class10




Eye-Fiカードをカメラにセットすると、パソコンやスマホ、Flickrなどのレンタルサーバなどに自動で送信してくれます。
Pro X2 では高画質のRawデータでの転送もできます。
これにより手動で行っていた作業を行う必要がなくなります。

私は写真をパソコンとNASの二つにバックアップしようと考えていたので、撮った写真をパソコンのNASの同期フォルダに送信しようとしていました。
この際サポートセンターに懇切丁寧に説明して頂き助かりました。

自宅から写真を送る設定は何とかできたものの、いざ海外に出てみるとパソコンに転送されませんでした。
もし、海外でEye-Fiを活用しようと思ったらまずは国内でできるか否か試した方が良いです。

Eye-Fiは専門の本が出ている程機能は充実してるのですが、逆に言うと設定が面倒です。
十分に調べる時間があるなら便利だと思いますが、そうでないなら価格も高いので考え物です。

できるポケット Eye-Fi公式ガイド-【電子書籍】



しかしながら安物のSDカードを使用するのは危険です。
安物ではデータが読み込まれなかったり、転送中にエラーが起こり消失したりするおそれがあります。
実際に私はBuffaloのUSBメモリで大切な写真データが消えたことがあります。
専門の業者にデータ復旧を依頼すると2万円程掛かってしまいます。
そのようなことのないように容量が大きくデータ消失の可能性の低いと価格.comで評判の良い『SANDISK フラッシュカード SDSDXPA-016G-X46 並行輸入品』 などのSDカードを購入しましょう。

SANDISK フラッシュカード SDSDX-032G-X46(45MB/s) 並行輸入品



旅での活躍度:☆☆
旅での必要度:☆☆☆
商品オススメ度:☆☆

IMGP3351_R.jpg


パソコンから見るとサイト内ランキング、サイト内検索、カテゴリなどがあるので、見やすいと思います。
ブログランキングに参加しています。
参考になりましたら下のバナーをぽちっとお願いします。
ポイントが加算され、ランキングに反映されます。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://biopacker.blog.fc2.com/tb.php/5-3b9ecf5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック